機械部品VA・VE設計のポイント

L字コーナーの逃がし形状変更によるコストダウンのポイント

L字コーナーの逃がし形状変更によるコストダウンのポイントBefore

L字型のブロック形状の機械部品では、上図のようにコーナー部の逃がしが入った図面指示がしばしば見受けられます。しかしながら、角が立っているこのような逃がしの形状では、割れが発生しやすく強度面の品質不安があります。また、研磨加工の事情としては、研磨の砥石がコーナー部の壁に当たって危険が伴います。作業上の気遣いで加工時間が延びコストアップとなります。

L字コーナーの逃がし形状変更によるコストダウンのポイントAfter

L字型ブロック形状の機械部品のコーナー部に同様に逃がしを入れる場合には、上図のようにドリルを用いてR形状に逃がしを入れる方がはるかに効果的です。これにより、強度アップにより、割れ防止になります。また、切削加工の作業上の気遣いが緩和され加工時間が短縮しコストダウンにも繋がります。設計者は、切削加工、研磨加工に関する加工事情を把握しながら機械部品の設計を行なうことでVA・VEを図ることができます。