機械部品VA・VE設計のポイント

止まり穴の逃がし確保による内径研磨コスト削減

止まり穴の逃がし確保による内径研磨コスト削減Before

上図のような止り穴の内径研磨を行なう場合、研磨するごとに砥石の角部が磨耗し、研磨加工の精度が出なくなってしまいます。そのため、磨耗する度にドレスを行い、砥石の角部をシャープにする必要があります。しかしながら、このドレスの作業が数回に渡り発生するため、加工時間が増大してコストアップの要因となってしまいます。

止まり穴の逃がし確保による内径研磨コスト削減After

機械設計上問題がなければ、上図のように止まり穴の奥側に1~2mm程度の逃がしを入れることで、砥石の角の磨耗を防ぐことができます。これにより、砥石の側面全体で内径を研磨することが可能となります。その結果、ドレスの回数を1回程度に減少させることができますので、内径研磨加工の作業時間が短縮され、機械部品のコストダウンに繋がります。