機械部品VA・VE設計のポイント

内側角部の形状変更によるコストダウンのポイント

内側角部の形状変更によるコストダウンのポイントBefore

上図のような内側の角部が直角の機械部品では、外側の切削加工に加えて、内側はワイヤーカット放電加工機を用いてレーザー加工を行ないます。ワイヤーカット放電加工機は、長時間の加工となります。したがって、上図の機械部品は、内側角部の形状が直角であるためにコスト高となっています。

内側角部の形状変更によるコストダウンのポイントAfter

上図のような機械部品で、内側の角部が必ずしも直角である必要がない場合には、角部をR形状に変更する設計が検討できます。これにより、加工方法としては、まず角部4ヶ所キリ穴をあけ、その後、主に粗取り用に使われるラフィングエンドミルで切削加工を行い、さらにフラットエンドミルで1周切削加工し完了させることができます。これにより加工時間は大幅に短縮できコストダウンとなります。