機械部品VA・VE設計のポイント

不要な精度公差削除によるコストダウンのポイント

不要な精度公差削除によるコストダウンのポイントBefore

機械部品の図面指示では、複数の公差が設けられているにも関わらず、実用上必要な公差ではないこともしばしば見受けられます。例えば、上図のような図面指示がありますが、上下2カ所公差があり、下については実際に必要な公差ではないとします。この公差があるために、切削加工および研磨加工の工程は複雑化し、工数増加による大幅なコストアップ要因となります。

不要な精度公差削除によるコストダウンのポイントAfter

機械部品の加工では、指定された公差を実現するために、複数の工具と機械設備を駆使して部品を製作します。一般的に指定公差の数が増えれば増えるほど切削加工および研磨加工は複雑化し、工数増加によるコストアップとなります。そこで、上図のように、重要ではない下側の寸法公差を除くことにより、切削加工および研磨加工のコストを削減することが可能となります。設計者は、必要な公差について精査・見直しを行うことで簡単に機械部品のコストダウンを図ることができます。