機械部品VA・VE設計のポイント

ザグリの逃がしによるコストダウンのポイント

ザグリの逃がしによるコストダウンのポイントBefore

上図の機械部品は、L字にザグリ穴を抜いた形状です。ザグリの一部が壁と重なっています。このような形状の場合、切削加工を行なう際には、工具が壁に干渉することを避けるために長い切削工具を使用する必要があります。また、使用する切削工具が長く、かつ小径の場合には、ビビリが生じて加工精度を出せなくなる上に、切削工具が破損するリスクも高まります。したがって、特殊な切削工具の使用や工数の増加によるコストアップとなります。

ザグリの逃がしによるコストダウンのポイントAfter

形状設計上特に問題が無ければ、上図のように、ザグリに沿って大きいRで逃がしを設けることで、切削工具が干渉することを避けることができます。これにより、切削工具のアプローチのポイントを下まで深くさせることができるため、加工時間を短縮することが可能となります。また、ビビリを抑制し切削工具破損リスクも低減することに繋がります。したがって、加工時間の短縮、切削工具費用の削減などにより、機械部品のコストダウンを実現することができます。