機械部品VA・VE設計のポイント

表面仕上げの緩和によるコストダウンのポイント

表面仕上げの緩和によるコストダウンのポイントBefore

上図の凸型の機械部品は、多くの面にグラインダー仕上げの研磨加工が入っています。グラインダーは一般的に手作業となりますので、このように多くのグラインダー指示が入っていると、研磨の加工時間が多くかかりコストアップの要因となります。使用上、必要な箇所にグラインダー仕上げを限定することが重要です。

表面仕上げの緩和によるコストダウンのポイントAfter

上図では、機械部品の上部の面を上仕上げに緩和しています。使用上問題が無ければ、上図のようにグラインダー仕上げを行なう加工面を限定することで、研磨加工の工数が削減されコストダウンとなります。設計者は機械部品の研磨加工の指示を緩和することでVA・VEを図ることができます。用途を考慮し最適な仕上げ面の図面指示を行なうことが重要となります。