機械部品VA・VE設計のポイント

傾斜箇所のザグリ形状変更によるコストダウンのポイント

傾斜箇所のザグリ形状変更によるコストダウンのポイントBefore

上図のように、角度がついている箇所にキリ穴加工およびザグリ加工をする機械部品では、切削加工の際に工具が片当たりするため、刃物が振れて、径が大きくなるトラブルや穴が曲がるといったトラブルが発生しやすくなります。また、切削工具の耐久性も悪くなります。可能であれば一部変更することが望ましい機械部品の形状です。

傾斜箇所のザグリ形状変更によるコストダウンのポイントAfter

機構上問題がなければ、ザグリを上図のように平面形状に変更することができれば、切削加工の際に切削工具が片当たりして刃物が振れたり、径が大きくなるトラブルや穴が曲がるといったトラブルを防止できます。まず、ザグリを平面に加工して、その後キリ穴加工をすることにより刃物が振れる事なく切削加工することが可能です。加工時間も短くて済み機械部品のコストダウンにも貢献します。